今話題のあの人を勝手に占っちゃいます。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日落合 博満監督を鑑定してみましょう。

1953年12月9日

今回の日本シリーズの日ハム戦で8回まで完全試合の山井選手を交代させたことが物議を醸していることについて「言いたい人には言わせておけばいい」などと語った「オレ竜」全開の落合監督。彼のやること、なすことは・・・まさしくオレ流。「すごい!」の一言。ただ彼の影には、いつも信子夫人がいて・・・二人でひとつのことを成し遂げていて・・・落合夫婦、私の理想でもあるかもしれません^^実際、結構似てきているかもしれません。。これからも、ポプラ夫婦の目標でいて頂きたい!!そんな想いで?!鑑定させて頂きたいと思います^^

彼は、押し出しのきく頑健な体と風貌の持ち主で、性格も少々粗削りではありますが素直でひたむきな人物です。一生懸命頑張ることが人生の意義と考える努力至上主義者で、怠慢さを生理的に嫌うタイプです。当然、だらだらした手抜き仕事は受け付けませんし、途中で妥協する事も絶対に許しません。実力でその分野の専門家になる事を望み、大きな足跡を残されていくでしょう。弱音を吐くことを恥としているので、ままならない現実に挫折した時のショックは大きいものがあります。もともと尊敬する人には非常に素直であるが、責任感のない人には厳しいでしょう。ただ、何とない愛敬があり、人に好かれ愛される人物のようです。親分肌ですが、組織人より自主独立の気概が強いです。情緒性や含みには欠けますが、人間性は素朴で明るく、爽やかです。この人は、周囲との協調性が、成功の鍵です!一つの事をコツコツと忍耐強く同じ事を何度も繰り返しながら深く掘り下げるタイプなので、とにかく野球なら野球の専門職に向いています。ただし、新しい発想やアイデアを要求される仕事には向かない人です。

彼が「おっかあ」と呼ぶ、ご存知、信子夫人さんは・・・どんな人?
彼女は、表面は気位が高く、とっつきにくい印象を受けますが、気を許した相手にはざっくばらんで、非常に親しみやすい性格の女性です。活発で女だてらに度胸があり、理想を追いかける情熱的な人です。情緒的な感受性と、ひらめきを見せる反面、冷静な計算と知性を秘めていて、駆け引きも巧みで男まさりな勝ち気さがあります。人当たりは良く、男性に対しては媚びを含んだ態度をとり、惹きつける才色兼備の人。理屈っぽい面もありますが、 物事を複雑に考えるのはやや苦手で、あっさりしていて耐久力がなく、気短な方ですからむしろ実践家肌のタイプと言えるでしょう。平凡なことは嫌いで、人の意表を突く行動が多いので、家庭の主婦としてはなかなか枠にはまらない方です。仕事を持つのがお二人の為にも良いでしょう。

今さらですが・・・^^お二人の相性は?
彼は、 自己主張が強く、それを押し通してしまいたい心ですが、孤独を嫌い、人脈を形成しながら自己表現もしていきたい心です。彼女は右脳型思考で宗教的な発想です。古い体質にこだわらず、少々妄想的世界を大事にする心です。一般的には変わり者と評価される彼女ですが、現実世界が強すぎる彼にとって、新鮮な発想やアイデア、新しい物の見方を与えてくれるアドバイザー的な役割が、奥様です。予想外の発想をする彼女とは、知的好奇心を刺激しあう飽きのこない楽しい関係を築けるようです。非道徳な内容や筋が通っていないことを主張したり、命令するのはいけません。理知的に納得できないものには、ヒステリックに反発します。お互いに、単調な生活は苦手ですから時代に乗る工夫をしていきましょう^^お二人の衝突も滅多にないようですし、いつまでも添い遂げられていくことでしょう^^


今後の落合ご夫婦のお幸せを心より、お祈りしております。いつまでも仲のよいご夫婦でいてくださいね^^



↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



スポンサーサイト
協栄ボクシングジム会長 金平桂一郎さんを鑑定してみましょう。

1965年11月3日

亀田大毅選手、そして父親の亀田史郎氏の会見・・・様々な波紋を呼んでいるようですね・・・
私も会見の様子を所々、拝見させて頂きましたが、少しだけ感じたこと。今回は、ご本人でもなく、ご兄弟でも、所属事務所会長でもなく、父親の司郎氏が大きな要因だったのではないのかなと・・。
やはり亀田3兄弟は、史郎氏あってこそ。彼らにとって父親は偉大な存在だったんだと思います。そして同時に3兄弟は、父親に絶大な信頼を寄せていた。大毅くんは何を悲しんでいるかというと、処分の悲しさより、父親の判断が間違っていたという事実を突きつけられ、自身の尊敬心の行き場を突如、失ってしまったからなのかな・・と、同じ子を持つ親として思いました。また今回は、一般人として処分を受けるわけではなく、マスコミ=社会全体に指摘され、処分された。どうしようもない、絶望感なのかなと私は思いました・・・お子様のお心をこれ以上傷つけない為には、心から正直に非を認める。これが一番の最善策だと、私は思います。(もちろん報道されている情報により、私が勝手に思ったことです)私も全然できた親じゃあありません。最近では、小学1年と2年の子にダメ出しされたりもします。。ただ、どんな時でも子供としっかりと向き合い、自分が間違った時は素直に認めています。やはり子は親の鏡ですので・・・

それでは、今回は記者会見でも少々、困惑気味だった、胸中の亀田3兄弟が所属する協栄ボクシングジム会長 金平桂一郎さんを鑑定させて頂きます。

彼は、明治大学付属中野中学、同高校を卒業後、父親(前協栄ジム会長)のもとボクシング・ビジネスに携わり、90年、留学のためロシアのサンクトペテルブルグ市に渡ります。約4年間、同地のレスガフト記念体育大学で、ロシア語とボクシング・トレーニング科目を履修され、94年に帰国後、協栄ジムでトレーナー&マネージャーを務められます。99年3月、父親の逝去にともない協栄ジムの会長に就任。現在に至ります。
彼は、現在までに11名の世界チャンピオンを輩出されていらっしゃいます。すごいことですよね^^彼のモットーは、現場第一主義。趣味は、読書、食べ歩きという彼。一体、どんな方なのか・・・早速鑑定してみましょう^^

彼は、大地にしっかりと根をおろした現実主義者で、常に社会環境と自分の能力を冷静に判断する事が出来る人です。表面は、いかにも屈託のないおっとりした感じで、物分かりのよさそうな態度の裏に、几帳面で実直で融通のきかない頑固な面を秘めている人のようですね。 公的な目的のためには、私心を捨てて人の為に尽くしますが、独立心が強く自分が困難に合っても助けを頼まず、自力で脱出しようという行動を取ります。これは、絶対に過ちのない完全さを目指すかたくなさに結び付いています。彼は、いくつになっても青年のような若さを失わず、年齢に関係なくいつも元気があって、多少無理な事でも気力で乗り切ってしまうでしょう。平坦な人生とは言えないのに、この勢いで乗り越えてゆけるのです。また、自分の判断基準を乱される事を極端に嫌い、上下関係にはうるさい人。権威を重んじるため、上の方からの指示には忠実であるが、世の中に認められていないものはなかなか受け入れない頑固さもあります。また、みかけ以上に競争心が強く、我を忘れて大ミスをする事があります。そして、思うような結論が得られないと、なんとなく身を引いてしまいます。懸命になった分、敗北感が強いためでしょう。しかし、後遺症を残す終息のさせ方は、後の事を考えると良い方法とはいえません。直感や情緒性に乏しいため、人間や仕事に惚れ込む事や、賭ける事を避けて、安全主義を貫く人生観を崩さない人でもあります。

彼のお仕事での成功の鍵
彼は、流行やメデイアからの情報には惑わされないで、しっかりとした自分の考えを持つことができます。ですから、人を冷静に観察しながら、自分自身は他人の目を全然気にしないで生きていきます。なぜ、しっかりとした考えを持てるかといえば、市場の変化を感覚的に読み取る能力があるからです。つまり、人々が何を求めているのか?どんなサービスを欲しているのか?といった人の情の変化を敏感に感じとることができるセンスがあるのです。そして、ここ一番というときには、人生の全てをかけて、大きな勝負に出ることができる大胆さも備えているのです。さらに彼は、目上の指示に素直に従い自分を人にあわせていくという従順さがあり、我慢強くものごとをなし遂げるという能力にも恵まれています。『臥薪嘗胆(がしんしょうたん)』という言葉がありますが、これは、ある目的達成のための意志を保つため、苦しい試練を自分に課することをいいます。もともとは、古代中国の春秋時代に呉王(ごおう)の夫差(ふさ)は父のあだを討つため、わざとたきぎの上に寝て勇猛心をふるい起こし、ついに越王(えつおう)勾践(こうせん)を降伏させたという史実に起因にする言葉ですが、彼には、こういった我慢強さと忍耐強さにも恵まれているわけです。ですから、大胆さが必要な場面では、大胆に振舞い、引くべきところは細心の注意と忍耐強さで耐えしのぐというバランスを備えた人格ですから、事業では大きな失敗をすることがありません。現実にあった、行動を常にしていくからです。一方で、あまりにも、現実的過ぎて、人に夢やロマン、そして安らぎをあたえるようなオーラを発することが少々、苦手です。ですから、不思議と人から好かれるようなパートナーに恵まれれば、彼の持つ商売センスとの相乗効果が期待できますので、大きな成果を出すことができるでしょう^^どうぞ、ご参考に・・・^^


↓↓↓会長のブログです。

興行師のひとりごと

今後のご活躍、心よりお祈りしております^^



↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



大平 光代さんを鑑定してみましょう。

1965年10月18日

みなさん、大平光代さんはご存知でしょうか。
彼女は、中学生の頃、いじめを苦にし割腹自殺を計るも未遂に終わり、その後非行に走り、暴力団組長と結婚、一児を設けたが、19歳で離婚。その後、クラブホステスをしていた22歳の時、養父との運命的な再会を果たし、 更生を決意する。その後、養父の強い勧めで宅建試験、司法書士、そして司法試験を一発合格。その後、弁護士の活動を一時休止して大阪市助役に就任するが、市長の辞任に伴い、辞任。 その後、大阪市法律顧問(法令遵守担当)に就任することが発表されたが、市会の自由民主党、公明党の議員団の反発にあい就任を辞退。その後、同じ法律事務所に所属する弁護士と再婚、女児誕生。・・・と彼女の人生を少しお話しするとこんな感じでしょうか。
とても壮絶な生き方ですよね。私は彼女は、まっすぐで非常に情熱的な方だと思っています。彼女の波乱の半生を描いた自伝『だから、あなたも生きぬいて』が200万部を超えるベストセラーとなったのもうなずける気がします。

さて、一言で「弁護士」といいますが、どんな資格なのでしょう。
司法試験は、裁判官,検察官又は弁護士となろうとする者に必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定する試験で,第一次試験と第二次試験があり,第二次試験に合格すると,司法試験に合格したこととなります。(これは、旧司法試験)他に、新司法試験といって法科大学院修了者対象のものがあります。 旧司法試験は、合格後,少なくとも1年4か月の司法修習を終了した後、試験に合格したときは、裁判官,検察官,弁護士への道が開けます。このような流れなのですが、平成18年度の合格率は1.8%で、いぜん、非常に狭き門となっています。
若かりし頃、悩ましい時代を送られていた彼女が、今は悩ましき少年、少女の弁護をしている。代弁者となっている。私は、とてもすばらしいことだと思います。
彼女を、更生するまでに駆り立てたものは、果たして何だったのか・・・素の彼女にそっと、触れてみることにしましょう^^

彼女は、考え方や信念の内容が大衆的ではありません。見た目は温厚に見えるのですが、独善的でワンマンで、爆発すると鬼のように怒ります。また、少女時代の可憐さが、成長とともに男性的になって活発で勝気な人になってゆく人でもあります。思ったことはサッと実行に移す非常に行動的なタイプ。表面とは裏腹に、意外に気が短く、理想としているものがあれば、猛烈に前進してゆく情熱家です。人生の前半は、金銭など物質的なものを追い求めますが、半ばを過ぎると徐々に精神面に目を向け始めます。それが彼女にとっては一つの転機となって、ゆとりのある落ち着いた考え方ができるようになるでしょう。物質的な成功も、この精神の充実とともに自然に手にすることができます。彼女は、夢を追うだけではなく、利害関係の計算もしっかりできる人です。感情的な好き嫌いや、情緒の満足のために損得を無視することはありません。ただ、活動的な分、口やかましい部分があり、大変な努力家ですが、自分の力をやや過信しすぎるきらいがあり「我の強い人」という見方をされることも多々あります。持ち前の行動力と、本能的なカンで目先の現実的な理想や目標に向かって、全力をあげてアプローチしていく人です。とにかくこの方は、かなりの情熱家です。家庭に入られますと、口やかましく夫をリードしてゆく、世話女房型です。

彼女が好む男性のタイプは、ゆったりとして物事にこだわらず、社会的にも成功の可能性の高い人です。恋愛は夢の割合が大きくなります。男性には自分にないものを求めますが、頭の回転の早い人でないと、彼女には、ついてこれないでしょう。

彼女の今後の展望・・・
彼女は大変海外に縁の深い方のようです。また、大変恵まれた人生の福と運を持った人でもあります。こうした徳を生かして努力をしていけば、今後、益々素晴らしい人生を送れるでしょう^^時を逃す事の無いように自分を正確に知りましょう^^普段は争いごとを好まない彼女ですが、言葉にはひとつひとつ、とても威厳があります。自尊心が高く、馬鹿正直な彼女はつい思っている事をストレートに言い過ぎて周囲から嫌がられてしまう事もありますので、気を付けましょう。彼女の優しさが裏目に出て嫌な相手とも関係が深くなりトラブル事も… 変な所でプライドをはったり意地をはるのではなく素直になっていきましょう。時には人を信じて行く事も必要な事ですよ^^


↓↓↓彼女の名言をひとつ、ご紹介させて頂きます。


『絶対に自殺はしないでほしい。死んだら地獄、運良く助かっても立ち直るまでは地獄。あなたの今現在の苦しみや悲しみは永遠のものではなく、いつかきっと解決する』



本当にその通りだと思います。「これで救われるんだったら、苦労しないわ!」・・・と思われる方もたくさん、いらっしゃるでしょう。ただ、どうしようもない迷路に迷い込み、絶対に出口はないと信じ込んでいる方!奇跡を信じない方には、きっと奇跡も起きないと私は、思っています・・・




彼女の今後のお幸せを、心よりお祈りしております。



↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



福田康夫元官房長官を鑑定してみましょう。

1936年7月16日

今、政界は福田氏と麻生氏の一騎打ちとなる構図が固まったようですね。既に党内各派の支持を受け、国会議員票だけで全体の過半数を制する勢いの福田氏。VS「派閥レベルの談合」と批判する麻生氏が、地方票を中心にどこまで巻き返すかが焦点となっているようです。
私も、これを期に色々と政界のことを勉強しているのですが、とにかく「勢力」というものがキーワードなのかなと・・(^.^;;ネットで個人それぞれの家系図を拝見すると、まぁまぁ、ご本人様もさることながら、奥様の家系も超一流。その家系が代々続いている訳ですから・・・ちょっと住む世界が違うのかなぁと若干凹み気味の私・・・。単に医者、弁護士の話しじゃあないですものね(^。^;;ただ、自分の幸せは自分が決めます!ないものねだりをしても仕方ありませんので・・憧れたいなら、自分で自分の子孫の為に最善を尽くすのみです!ハイ!!と強引に自分に言い聞かせつつ・・早速、鑑定の方へ入っていくことにしましょう(*^^)/。・:*:・°★

彼は、一見知性的な堅苦しさを感じさせる面がありますが、本来人当たりが柔らかで温和な優しい心をお持ちです。ただ、繊細な神経の持ち主で社交性はあまりありません。自分以外の事には無頓着で、気にかけないタイプ。何があっても平常心を失わない落ち着きは、実際の年齢よりも老けた印象を与えます。思想的にも穏健で偏りがなく、自分の利害や人情に左右されずにいつも客観的で冷静な常識人。第三者的な視野があるので、相手に応じた駆け引きが可能です。仕事のとっつきや要領は少々、悪いようですが、時間はかかっても自分のペースで一歩一歩確実にこなしていくので信頼度は非常に高く、結果も安心できます。ただ、情熱的な面や人間的なふくらみをあまり感じさせず、無愛想な印象を与えがちなのでとにかく人付き合いに要注意!専門に係わりなく広範囲の分野をまとめていく才能はありますがどちらかというと研究家あるいは参謀向きです。人情に厚く、困っている状況に目をつぶる事が出来ず、人に尽くしすぎて損害を被る事も・・自分流のやり方を選択し、根気と努力で成果をあげていく大器晩成の彼。何でもこなせる人なので、逆に自分に本当に合う大事なことを見つけにくい面があるのは否めませんね・・

御歳、71歳の彼・・・彼の健康面を見てみましょう。
彼の場合は、腰痛と交通事故、神経症には気を付けた方が良いでしょう。神経症は彼の持っている陽気な表面と神経質な内面のバランスが崩れてしまった時に起こりやすくなっています。ですから、日頃から心のゆとりをもって生活をしないと、頑固さだけが出て気づい時には大病していると言うことにもなりかねません。いろいろな人の意見を素直に聞き受け入れる心のゆとりを持つように心がけて頂きたいものです。

彼の仕事面。
彼は、伝統的に受け継いで行われてきているような習慣やしきたりを守り、組織の指示を優先しながらも、正当とされるやり方に自分のアイデアを加えてものごとを進めていく能力があります。ですから、良い組織に恵まれた環境であれば、彼はノウハウをあっという間に吸収して、さらに自分自身で発展させていきますので、上部から可愛がられる人材となっていくことでしょう。そして、ある程度の出世をし、地位を得ることができるでしょう。さらには、人材育成にも手腕を発揮することでしょう。しかし、そこには組織を信じたいという欲求が見え隠れしています。自ら事を起こし、周囲を説得しながら、荒波を渡っていくよりは、そういった決断という責任のある仕事は人に任せて、自分は組織に順応し、周囲の人と仲良く和合しながら、仕事を進めていきたいという和合主義に似た心情が心の底に隠れているようです。『柔よく剛を制す』という言葉がありますが、これは一見すると、やわらかくしなやかで弱そうに見えるものでも、堅くて強いものの鋭鋒を巧みにくぐりぬけて、ついには勝つことを意味しています。つまり周囲に波風を立てないように、不満を持っている人達の心をうまくなだめながら、自分のやりたいことを最後にはなし遂げていくまさしく大和魂的な才能のことをいいますが、彼にはまさしく、こういったことができる素質を持っているのです。・・が人の感情に左右されやすいという一面もあります。ですから彼は、感情に左右されずに常に沈着冷静で、組織の方向性にいつも疑問をもち、口をはさみ、組織を批判しているようなちょっと毒舌で感性がかみそりのように鋭く、不合理を許さないような人とパートナーを組んでいけば、彼の持つ組織への適応力との相乗効果が期待できますので、大きな成果を出すことができるでしょう。


↓↓↓福田康夫氏のオフィシャルサイトです。彼のことが少し分かるかも・・^^
福田康夫オフィシャルサイト


今後のご検討をお祈りしております。




↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



麻生 太郎さんを鑑定してみましょう。

1940年9月20日

安倍総理、遂に退陣されましたね。。「政権運営の閉塞(へいそく)感からか、最近は体調も優れず、おかゆと点滴でしのぐ日々だった。健康面の不安が重責に耐える「気力」をなえさせたのか。多くを語らぬまま、首相は表舞台から去ろうとしている。」以上ヤフーニュースからの抜粋ですが、今の時期の辞職、やはり後味の悪いものとなったようです。
追い討ちをかけるように朝からの報道番組で、批判コメントの嵐が吹き荒れてました・・某番組での「安倍元総理の通知表」。就任時は70点。辞任時は30点。平均してこのような点数だったような気がします。ついで「お坊ちゃま育ち」「庶民的ではない」「統率力にかけていた」など様々な意見が・・・。

さて、 安倍総理が退陣された現在、今後の日本の政治はどうなっていくのでしょうか・・・。任期は後、約2年。現在最有力視されているのが、麻生官房長官・・・との見解が朝は多かったものの・・・現段階では、福田康夫元官房長官、額賀福志郎財務相も出馬を表明され、総裁選は麻生太郎幹事長をまじえた三つどもえの争いとなる公算が大きいとの見方が有力とのこと。注目の総裁選の日程は14日告示、15日に立候補受け付け、23日投開票と決まったようです。
現在の議席数が、自由民主党 衆306 参83 計389、民主党 衆113 参109 計222。この二年で自民党はどう巻き返してくるのか、そして民主党はどう攻めてくるのでしょうか。政権交代なるか・・・今後の行方は神のみぞ知る・・・。

・・・そんな激動の政界の中から、時期総裁候補の麻生太郎さんにスポットを当ててみました!
彼は知れば知るほど、すごい方。先祖に大久保利通、そして吉田茂を持つ、とにかくサラブレッド中のサラブレッド。学歴もさることながら、外務大臣(第137・138代)、総務大臣(第3・4・5代)、国務大臣(経済財政政策担当)、経済企画庁長官、自由民主党政務調査会長を歴任。以前は、日本青年会議所会頭まで務めあげたというからすごいです。。ハイ。。

それでは早速、鑑定させて頂くことにしましょう^^

彼は、社会や組織の中での世渡りが上手なため、ほとんど苦労なしで人生を送る事の出来る非常に幸運な生まれです。頭が良くてスポーツも万能、潔く大胆でみんなに好かれる、いわゆる優等生タイプです^^あまり勉強もしないのにいつも成績がよく、また、健康で体力もあり長生きすることも出来ます。何事も最後までやり通す堅固な意志を持ち、マルチな活動も難無くこなしてしまいます。しかし、考えている時間が長いため、優柔不断で決断力に乏しいところが、彼の唯一の欠点。秩序や上下関係を重んじ、相手の気持ちを素早く察して出方を変えられる、巧みな処世術も身につけています。やや封建的なため、権威を形にしたことが好きです。また、めったに本音を出さず紳士然としていますが、一旦決めたら手段を選ばず結果をだそうとする勝負強さと集中力は抜群です!財運もありお金で苦労する事はありませんが、どちらかというと現実社会の厳しさに対する認識が甘いため、金銭感覚には疎く、計算の必要な現実的な競争社会で戦っていくにはあまり向きません。また、美的感覚と環境の変化に対する洞察力に優れているので、お洒落でクリエイティヴに仕事をこなしていきます。ただ、純粋さゆえに逆境を乗り越える粘り強さに欠ける面があります。逆にあまり意志が強いと、強引になって付き合いづらくなるので、バランスが大切です。心の奥に燃えたぎる情熱と大きな野心を秘めて、理想の実現に向けて猛進してゆく潔さが魅力となっています。そもそもは、人を統率するリーダーよりも、参謀を目指すと大成功するタイプなのですが・・・果たして・・・^^

彼の健康面。
特に注意しないといけない事は、水に関する事です。一つはお酒、後は海、川、プール等の水のある場所での事故には気を付けて十分注意して行動した方が良いでしょう。特に公的な場所でのお酒、お酒で運を落とす事を決して忘れないで適量を超えないように気を付けてください。生命力は強い方なのですが、見た目よりも体は強くありませんので、日ごろからきちんと健康管理をして行くと良いでしょう。原因不明の病気にもかかりやすいようですのでくれぐれも気を付けて節制に心がけて下さい。また、大腸や肝臓にも注意が必要です。ちょっと体調が変だと感じたらすぐに病院で診てもらうのが良いでしょう。今後、益々のご多忙が予測されますので、お体の方、どうぞご自愛を・・・。

彼のお仕事面。
彼は彼自身が優れたと認めたリーダーのもとで仕事をしたとしても、それで満足することは決してありえません。やがては、もっと大きな夢や欲求がわいてきて、自分がリーダーになって、仕事をしてみたいと思うタイプのようです。ですから、何年も同じような環境で、同じメンバーで仕事をしていくということに満足できません。また、毎日同じような仕事を継続してやっていくことも、あまり得意ではないようです。むしろ、どんなにうまくいっているプロジェクトであったとしても、それを否定し、改革せざるをえないという気持ちになっていく傾向があるようです。変化に富み、刺激的で、リスクを感じるような、そんな環境におかれて、はじめて心が躍動し始めるのです。そういった破壊的なパワーは、日頃のあちこちに出てきます。このように、ほどほどの成果が出せる内容では、満足しないのが彼、麻生太郎と言えるのではないでしょうか。成功させるなら、大成功をねらい、どうせ失敗するかもしれないのなら大失敗をしてもかまわないといった行動になりやすいのが怖い所ですが・・ですから、同じような夢や大志をもった人とは、仲良くなり人間関係も大変スムーズになっていくのですが、いっぽうで、組織の規律を重視し、サラリーマン的な「~の方針だから」といった、あいまいな状態を良しとする人達からは、煙たく思われてしまいがち。気をつけないといけないのは、破壊的な行動が前面に出てしまうと、必ずその隙をつっついて、彼の失脚をねらう人が現われてくるということです。パワフルで行動力のある人ほど、巧妙に仕掛けられたワナに落ちやすいということを自覚して、行動や振る舞いを自重することが大切ですよ!


↓↓↓本日も名言をご紹介させて頂きます。


敵を知り、己を知らば、百戦危うからず
by. 孫子



とあります。

将棋でもそうです。自分の攻めの方法ばかり考えていると、あっという間に再起不能というまでに攻められ、気が付けば危機的状況に陥ってしまうということです。
まずは今はご自分を見つめ直し、周りを広く、見渡す時かと思います。焦らず、ゆっくりと・・・^^


今後のご活躍、心よりお祈りしております。


↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



IKKOさんを鑑定してみましょう。

1962年1月20日

24時間テレビも終わり、世界陸上も終わりに差し掛かり・・いよいよ、長かった夏休みも終わりですね。。我が家の子ども達は、夏休み間のような自由な時間もほぼなくなり、再び学校と家での勉強の日々が再開されるのかと思うと、親として少し心が痛みます。。ただ、私は彼らにできる限りいつも笑顔で接すること、そして主人と仲良くすること・・・これだけは硬く約束をして、秋からも気を引き締めていきたいと思います^^

さて、今日は夏の講習会の最後ターム開始日でした。久しぶりに外食に行き、帰りに本屋さんに立ち寄ったのですが、美容家IKKOさんの本が目立つ位置で多数並べられていました。
彼女は美容師を経て、「アトリエIKKO」を設立、主宰。女性誌の表紙・ファッションページや、テレビ・CM・舞台などで、数多くのファッションモデル・女優・女性タレントのヘアメイクを手がける超人気の方。彼女の美に対する意識は、相当なものが感じられます。彼女は一体、どんな方なのか・・・
早速、鑑定してみたいと思います^^

彼女は、どっしりとして落ち着き払った印象を与える女性です。女傑といわれるにふさわしい度胸も備えています。少女時代は大人びていますが、だんだん若々しくなって社交的になられたようです。金銭や名誉のこだわりがみられますが、晩年になって一歩退いたときに、本来のよさが出る人です。表面は柔軟でやさしい印象を与える一方で、内面はしっかりとした自分の主張を持っています。 そして、着実に人生の目標に到達して行く息の長さがあります。アネゴ的な雰囲気があるので人に祭り上げられますが、組織力や行動性が強いというわけではありません。誰に対してもひけを取らない堂々とした自信家ですが、こうした部分が受け入れられないと、孤立することにもなりかねません。女性的な情緒や甘えもあって、自立性は弱い人なので、異性とお付き合いされる場合は、内助の功が向いています。

彼女が好む男性のタイプは、知性に裏ずけされた男性的なたくましさを持っていて、信念と誇りを感じさせる人でしょう。彼女は、不思議なムードを持っているので恋の告白を受けることも多いようです。非常におモテになられるようです。しかし、慎重なのでなかなかOKを出しません。お付き合いされますと、男性は彼女の内助の功にきっと、満足されることでしょう^^

今後は?
彼女は大器晩成型の努力の人です。社会の通常の価値基準に惑わされず、自分の人生の目標をしっかりと定めて、コツコツと着実に実績を積んでいかれるタイプです。とにかく規正の型にはまるのは大嫌いな彼女。彼女は周りの人の面倒見も良く、自己犠牲をすることによって、自らの運をもグンと良くしていくことができます^^あまりにも面倒見が良くて問題事にも巻き込まれがちですが・・・でも、もともと目に見えない精神的世界を重んじる彼女は、ゴダゴタも自然と回避していくはずでしょう^^子供時代には何かと苦労も多かったようですが、年を取るにつれて必ず、苦労が実っていかれます!言葉には十分気をつけ、謙虚になる気持ちを忘れないように・・・彼女は、今後も益々躍進されることでしょう^^


↓↓↓彼女のHPです♪彼女のブログもリンクされています。綺麗になれる秘訣が沢山詰まっています^^
IKKO World


↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



赤城 徳彦農水大臣を鑑定してみましょう。

1959年4月18日

「政治と金」・・・このキーワードが何度、ニュースで報道されたことでしょう。更に年金問題や様々な一連の流れから、本日の選挙で国民の真意が問われたのではないでしょうか。灘中出身、三田紀房さんの「ドラゴン桜」という漫画の主人公に、「自分の都合のよいように世の中を回したければ政治家になれ!・・・」というセリフがあるのですが、国民のみさなんはいかがお感じになられるでしょうか。。
実際にも、経費で落とす。そんなやり取りは、サラリーマンのおじさまでも、身近な問題としてあるかと思います。ボーダーラインが微妙ですから・・ただ、ここで問題にしていることは、政治家=公の人。=国民の税金だということです。今後はどう対処されていくのかはわからないのですが・・・おそらく、無くなる問題ではないでしょう。。

お金の話でちょっと小話を・・・
失礼ながら、気になるのが政治家の年収。調べました所、民主党の方が年収を公表されていらっしゃいました。
それによりますと、収入(月)は、歳費138万円 、文書交通滞在費100万、 政党交付金(年・民主党)800万、総務省発表によると自民党は1,500万円 、個人献金35万、 1年で約4,076万円の収入。 対して支出(月)の方は、税44万円 、人件費(私設)60万 、事務所経費176万円、 1年で約3,360万円の支出。トータルすると、年716万円の利益ということになりますよね・・意外にも安いとお感じになられたのではないでしょうか。ただ、国会議員の方は、公設秘書費用を税金から落とせます。その費用が、月32万~67万6,000円位、また企業献金などもあるようですので、実際のところは国会議員になれれた方にしか解らないのが現実のようです・・ただ、政治家の方も落選すれば、普通の民間人・・・高いと思うか、安いと思うかは、人それぞれといったところでしょうか・・

さて本日は、今となれば「政治と金」問題の引き金をなってしまった赤城農水大臣。彼は、本当に多くメディアに露出された政治家の一人かと思います。
彼は、東大法学部を卒業され、農水省入省。5年間勤められた後、衆議院議員当選から、総務政務次官、防衛庁副長官を経て現在に致ります。果たして彼は、どんな人物なのでしょうか。早速、鑑定してみることにしましょう。

彼は、内面的には、豪傑な心情をもちあわせてはいますが、繊細で内気な、目立つことの嫌いな人。しかし、何処となく良家の出身ではないかと思わせる、気位の高い雰囲気を持っています。負けん気が強く、理屈にあわなければ、権力にも向かっていく正義感もあります。鋭い感性から、分析力と独創性に富み、自己の理想実現のためにチャレンジを続けていくタイプですが、継続して同じことを努力していくことは少々、苦手・・。また、この分析力は、他人のあら捜しをする批評家になりかねないので、自分の行動の細部のチェックに使うようにした方が良いですね。また、プライドは人一倍強いので、無神経で粗野な人間は許せません。自分を曲げてまで周囲と協調する事ができない頑固者にならないように!また彼は、環境の変化に遭遇しやすい面を持っていますが、自分から進んで新しい物事に関心をもってそうする場合も多々あります。結果的に、仕事や人間関係のトラブルに巻き込まれたりする事も多いでしょう。そうした場合には積極的に打って出るのが最も解決を早めることになります。生まれながら持っている社会的成功度は高いのですが、独断が過ぎるとそれが半分以下になることもあります。負けず嫌いで、自信を持っている自分をうまく出すことができれば、大きく成功する可能性は高いでしょう。実利を得るのが得意な現実派とパートナーを組まれるとより出世を望めますよ^^

彼の今後は?
彼は、私心のない公平な上司や、良きリーダーに恵まれると、極めて従順に、その人に従っていくことができます。さらに、良きリーダーは、彼を大切にしてくれますから、職位の上昇も早いことでしょう^^彼自身が、そのようにリーダーに忠誠を尽くす姿勢をみて、彼の部下達も、安心して我が身をそのグループにおくことができるようです。こういった環境に恵まれると、人間関係に支障がなく、彼はストレスも溜まらずに、平穏無事な社会生活を送ることができます。しかし彼は、私心が強く、自らの権力や欲望を満足させるためだけに、人を利用しようとしているリーダーのもとでは、忠誠を尽くしたいという気持ちになることはありません。だからといって、上品な振る舞いしかできない彼は、反逆をくわだてるようなこともしたくないのです。しかし心の中では、良心が「社会的正義に反するようなリーダーについて行って良いのか?」という叫び声をあげているのです。最終的には、彼は重い腰をあげ、部下のため、社会のために、そういったリーダーを合法的に追放するような行動をすることができます。そして、自らが正しいと信じる道を生きていくのです。そういった彼を尊敬する、部下達によって彼は、良き人間関係を築くことができるはず。もともと、天の声を聞くことができる彼ですから、良心の叫び声に素直になること、これが彼の人間関係を成功させるコツなのです^^


今後のご活躍をお祈りしております。



↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



林家 正蔵さんを鑑定してみましょう。

1962年12月1日

中越沖地震、大きな被害を齎しているようですね・・・私も阪神大震災を経験致しましたが、天災とは突如、襲うもの。そろそろしっかりとした防災意識を持たなくては・・と常日頃から思っております。被災地の方々、不安な日々をお過ごしのことかとは思いますが、お体を大事になさって下さいませ。

さて本日は、少しでも明るくなって頂きたいという想いから、日本古来の伝統的な笑い「落語界」のホープをご紹介させて頂きたいと思います。林家正蔵さんです。
彼の襲名には賛否両論あったようですが、彼は非常に努力され、襲名されたとのこと。そして本業の落語家、声優、そしてタレント業までをこなされる彼は非常にエネルギッシュで素敵な方だと思います。
落語ブームの今、更に注目されること間違いなし!早速、鑑定させて頂きたいと思います。

彼は、感性が鋭く、独特の考え方をする人です。一見すると物静かで、面倒見が良く世話好きですので、あらゆる人の人気を集めます。しかし、そうした外見とは裏腹に、内には猛烈なファイトが燃えたぎっています。特に、障害にぶつかると、温厚な外見からは想像できない激しさを見せる人です。粘りもあり地道な努力もしますが、負ける戦いには絶対に参加しません。動と静が、内面と外面に収められて、効果的に働いているケースでしょう。頭は非常に良く、鋭い感性もあいまって、先を見通す分析力にも長けています。早いテンポの行動で、テキパキと物事を処理して行きますが、あまり先走ると無駄な衝突や損害を引き起こして、かえって自分で後始末する羽目になることが少なくありません。ご注意下さい。また彼は、心を許せる友人に、いつも自分の方向性をアドバイスして貰っているようです。彼はその友人を、非常に大切にされているようですね。鋭い感性をお持ちなのに、考え方は意外に保守的。既存の権力の中で何ができるかを模索する方で、自ら進んでどんどんと改革してくタイプではないようです。ただ、一度立てたアイディアはまず変更しません。頑固さや強引さが顔を出し始めたら、一歩下がって人の知恵や力を借りるようにしていけば、自分の能力を何倍にもして活躍できる運勢を持っています。良い人間関係をいかに開発できるかが、この人のカギです^^清濁併せ呑む度量が要求されているといえます。

彼の恋愛感。
彼は、もともと家族や身内関係を非常に大切にする人ですから、結婚して家庭を持っても良い家庭を築いていけます。早めに結婚された方が、彼にとってもご家族にとってもよいでしょう。彼に合う人は気配り上手で誰とでも話せる社交的な人がよろしいでしょう。

彼の今後・・・
彼にはとても物質欲が強く自信満々で目立ちたがりやです。でも周囲の事情も考えて行動しないと彼自身の良い部分が発揮できなくなってしまいます。とても活発的で良いのですが、過剰になり過ぎるとせっかくの運もどこかに逃げてしまいます。人の考えや意見も素直に聞いて、そして認めていくようにしましょう。そして陰日向なく努力をするように徹していけば、運はさらに引きあがっていくはずです。負けず嫌いで勝ち気な面が強く出てしまいがちですが、人生において引くべきところは一旦引いた方が良い事を忘れないように・・また、色々な事に対しての欲求が強く特に物欲が強く出る傾向がありますが、ほどほどに・・自己満足だけで終わってしまいます。家族に対しては強烈な思やりがありますが、報いを期待しない無償の愛情が重要ですよ。今後も努力を続けていかれれば、今以上に大物になる運もあるので長くゆっくりと人生を送っていきましょう。

今後のご活躍をお祈りしております。

↓↓↓彼のオフィシャルサイトです。
「蔵の塩梅」  


↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



小池百合子防衛大臣を鑑定してみましょう。

1952年7月15日

先日はハニカミ王子こと石川遼くん、決勝進出ならず残念でしたね・・・。ただ、ゴルフの石川くん、そして野球の斉藤くんを筆頭に男子スポーツ界にも活気がついてきました♪
ただ、問題なのが相撲界・・・。名古屋場所の新弟子検査の受検者が史上初めて「ゼロ」を記録されたようです。日本の国技である相撲界にも、新たなスターが生まれることを日本国民として願っております。

さて、政財界にも大きな動きがありました。原爆投下について「しょうがない」と発言し、引責辞任を表明した久間章生防衛相の後任として、小池百合子首相補佐官が抜擢されましたね。彼女は、本当にパワフルでいてかつ上品。非常に魅力的な女性だと思います。
彼女は、日本新党、新進党、自由党、保守党、保守クラブを経て現在は自由民主党に所属。第1次小泉第2次改造内閣、第2次小泉内閣、第3次小泉内閣において環境大臣、安倍内閣では内閣総理大臣補佐官を歴任され、現在に至る訳ですが・・・。そんな彼女の生い立ちはというと・・・ご出身は兵庫県芦屋市。私立中、高を卒業され、関西学院大学社会学部を中退。神戸で衣料関連の貿易商を営んでいたお父様が衆議院選挙に立候補し惜敗。一家は渡埃(エジプト)され・・・「アラビア語が国連の公用語になる」との新聞記事がきっかけで、カイロ・アメリカ大学でアラビア語を修めたのち、カイロ大学へ進学。同大学文学部社会学科を卒業。キャスターなどを務められた後、政界へ・・・。 何ともバイタリティー溢れる彼女ですよね^^それでは早速、小池百合子さんを鑑定してみましょう。

彼女は、非常に明るく伸びやかで屈託のない性格の女性です。 理性と感情の両方のバランスを保てる人で、本質的には平和主義者。現実をしっかり把握しながら、精神世界に向かっていくタイプです。人との交流も広く、十年、二十年と長くつきあう人も多いでしょう。人脈は彼女にとって最大の財産となります。また、彼女はおしゃれなセンスの持ち主で、流行を先取りし、人が振り返るくらいのおしゃれが上手です。また客観的な考え方は苦手で、気分的な好き嫌いやその場の直感的な判断に頼るため、こまかく計画を積み重ねて行くことは苦手 。ものごとの機敏な処理や、分析的で厳密な結論を導き出すのも苦手な方。今以上の努力が必要かもしれません。私からは十分すぎる位に感じるのですが・・・。また彼女は、周りの環境や人々の支持によって、目的を与えられる人です。そのため人生が前半と後半に大きく分かれ、二つの違う生き方をする可能性があるでしょう。また客観的な才能や手腕に頼るよりも、信念や好き嫌いに生きるロマンティストです。

彼女が好む人のタイプは、現代的な教養とセンスを持ち、スタイリストでエリート的な人。彼女はじっくりと人間関係を築くと思いきや、カンを頼りに第一印象で大方決まることが多いようです。ただ自分の中に夢物語を作ってしまいがちで、出会う人、出会う人を過大評価してしまう点があります。もう少し厳しく人を見る位の方がよいかもしれませんね。彼女は、とにかく一生を通じて人間関係に恵まれます。その為、活動的な一生を送られることでしょう^^

今後は・・・
本来の彼女は、いつも頭の中では将来のことを考え、計画をキチンと練って、戦略的に勝負をかけようとします。しかも、考えている内容が、いつも限界を超えたレベルのことが多く、その度量の大きさはたいしたものです。ですから、逆の性格つまり、計画性よりも目の前のことに熱心で、計算と打算よりも情熱と好き嫌いでものごとを判断し、しかし実際の行動力はゆったりと穏やかな相手が彼女の欠点を補ってくれるので、彼女を幸せに導いてくれます。彼女の度量の大きな知的戦略主義と相手のほのぼの主義が融合すれば、彼女の生まれ持った智に走りすぎる性格の壁を突き破ることができ、自然と運が開けてきます。

今後も益々のご活躍を女性として、心よりお祈りしております。

↓↓↓彼女のオフィシャルHPです。(最近はアクセス数が大変多く、回線混雑してます。。)
KOIKE yuriko 2007

↓↓↓彼女のご出身、芦屋のストラップのお店です。ポプラ一押し!
私立幼稚園、小学校のママ達にも大人気のSHOPです♪
asiya Marty


↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



グッドウィルグループ会長 折口 雅博さんを鑑定してみましょう。

1961年6月11日

コムスン・・・年金問題同様、連日の様にマスコミに敲かれていますね。。マスコミは一方的にたたいているようですが、果たして彼一人が悪いのでしょうか。。確かに不正はよくないことです。ただ人間一人の力では何にもできません。行動を起こした側がいれば必ず、それを受けた世の中全体があるはず。彼一人だけの責任・・・それはあまりに無責任なマスコミのたたきかただと私は思います。。

さて。問題の折口雅博さん。彼のことについてちょっと触れてみましょう。
彼は、言わずと知れた人材派遣会社大手のグッドウィル・グループの創業者。
85年に日商岩井に入社し、巨大ディスコ「ジュリアナ東京」の仕掛け人として名を馳せ、92年に独立、94年には六本木にディスコ「ヴェルファーレ」をオープン。そして95年にグッドウィル・グループを設立されていらっしゃいます。そして企業人としての経営への寄付等の実績から、紺綬褒章受章、日本赤十字社社長表彰、経済界大賞(経済界主宰)、青年経営者賞などを受賞されており、経団連理事と言う面からも政界に強いパイプを持ち、安倍総理とも親しい仲という彼。さぞかし順風満帆な人生を・・・と思いきや、暗い過去も持ち合わせており・・・
元々のご実家は工場経営で裕福であったものの、倒産し、両親は離婚。その後、父が病に倒れ生活保護を受けて育ちます。県立高校に合格するも学費が原因で進学出来ず、陸上自衛隊の少年工科学校を経て、防衛大学校に入学。その後から、彼のサクセスストーリーが始まっています。
彼をここまで駆り立ててきたものは、果たして何なのでしょう。。
まだまだ謎が多い彼を早速、鑑定してみることにしましょう。

彼は、鋭い知性を持った戦略家。理想が高い上に神経質ですが、本能的な先見性と機転の良さを持っており、何かを学ぼうという姿勢とあいまって、一旦始めたことはその道のプロになるまで努力する、強い心を持っており、コツコツと同じことを何度でも繰り返す忍耐力をもっています。反面、心の内は傷つきやすくとてもデリケート。表面的には頼り甲斐があって、落ち着いていて寛大なように見えますが、思ったよりも小心者です。頑固な性分から人付き合いは苦手。どうしても心に壁を作ってしまいます。ただ彼は、周囲の変化に惑わされず、自分を保持できる安定した精神状態を持てます。こうした一匹狼的な行動が、自信過剰になると人の意見に耳を貸さなくなり、意固地になって周囲が見えなくなってしまいます。自分だけに執着すると、本来持っている成功運が台無しになるので、大きな心を持つようにしたいものです。足元を一歩づつ堅実に生きて行くと同時に、自信に任せて思い切りやってみたい気持も存在し、いつも心の葛藤があるようです。着実な割には、不安を感じる状況では変わり身が早い人でもあります。彼のイメージとは少し違いますね・・ただ心の葛藤を繰り返していく中、彼自身、強くなっていったのかもしれません。後天的に、彼の人生は、ずいぶん変わっていったようですね。

彼の恋愛感。
何事も、物事を深刻に捕らえてしまいがちな彼は、仕事や結婚に対しても、つい深刻に捕らえすぎて一生、独身で過ごす事もありがちです。彼は、人との和を大切にして、和のなかで生きていくことをモットーとしています。そんな彼が好むタイプは、どんな時でも彼を受け入れ、自由にやってごらんというような心の広い女性です。自分をしっかりと持った自立した女性。彼は、そんな女性に惹かれていくでしょう。

今後の彼は・・・
彼は一人よがりにならず、着実に目標を定めコツコツと歩いていくと成功する大器晩成タイプです。時には理想を追いかけすぎて理解されないことも多くありますが、その頑固さと一途さをもう少し控えめにしてゆけば幸せな晩年を送る事ができるでしょう。また、正義感や責任感も強いので、心情が燃えることに関しては粘り強く取り組みます。そうなれば、やればやるほど才能や持っている力を伸ばしていく事ができます。さらに「為に生きるという」信念をもって事を進んで行えばもっと運気が高まっていき、年を重ねるたびに底力が発揮できるでしょう。注意しなければいけない事は、頑固さ。自分の考えを人に押し通してしまったりすると、それが災いとなって挫折してしまったり、後で多くの苦労をしたりし兼ねませんので気をつけましょう。

今後の彼。是非ともがんばって頂きたいものです^^


↓ちょっと面白かったなと読んで下さったら
クリックをお願いします。励みになります!

人気blogランキングへ
FC2 ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。